物がダブって見える。なんで?

物がダブって2重に見えることがある」と、来院される方がよくいらっしゃいます。

物がダブって見えるときに、まず確かめたいのは、片目で見た時も時もダブるかどうかです。

両眼で見て2重に見えているときに、片目を手で覆ってみて下さい。

片眼でも両眼で見た時と同じようにダブりがある場合は、片眼複視の可能性があります。

片眼複視の原因は、主に乱視であることが多いので、まずは視力検査を行います。

乱視でダブって見える場合は、レンズ矯正ではっきり見えるはずなので、正確な視力矯正を行い、ダブりが解消されれば、あとはご希望があれば眼鏡を処方するだけになります。

これに対し、片目ではダブって見えないのに、両眼で見た時だけダブって見える両眼複視は、いろいろ検査が必要になります。

まず、人が物を「見る」ことについて説明します。物を見るときには右眼左眼それぞれに光が入って、網膜の視神経が脳に電気信号として見ている物の情報を伝えます。右眼と左眼の位置は離れているので、微妙に違う角度の見え方をしている情報です。これを同時視と言います。その微妙に違う情報を脳で合体して1つの像として認識します。この合体することを融像と言います。そして像の微妙なズレを脳が解析して遠近感や、立体感を感じることが出来ます。これを立体視と言います。

まず左右の眼で同時に見ることが出来る(同時視)。次に同時に見たものを脳で合体できる(融像)。最後に立体感を感じることが出来る(立体視)。というように物を見る工程として難易度が上がっていきます。

3D加工している2Dの画像を見ると微妙に絵がズレているのに気が付きませんか?3D眼鏡をかけると、そのズレた絵は右眼だけしか見えない絵と左眼しか見えない絵となりその情報が脳に送られ、合体し融像されます。2Dの画像のズレ情報から立体感が感じられ、絵が浮いて見えたり奥まって見えたりするのです。

物が両眼で見た時にダブって見えるというのは、黒目の位置がずれてしまったために、右眼で見ている像と左で見えている像を合体できずに2つにみえるのです。この黒目の位置がずれる原因としては、眼だけの問題といううだけでなく、頭の中に問題が出ている場合があるので、すぐに脳神経外科でのCTやMRIの検査が必要になることがあります。

物がダブって見えたのを、軽く考えず、まずは検査を受けて下さい。

関連記事

  1. あけましておめでとうございます

  2. 白内障手術のタイミングっていつ?

  3. 眼科の検査って多い

  4. 2022年 春の花粉症について

  5. 利き目って?なに?

  6. 夕方になると見えにくくなります。疲れ目でしょうか?って

PAGE TOP