副院長ごあいさつ

令和5年4月から、さけみ眼科の副院長を拝命いたしました酒見郁圭です。

私は杏林大学医学部を卒業後、順天堂大学医学部付属順天堂医院にて2年間の初期研修を行いました。その後、同大学眼科学教室へ入局し順天堂医院、順天堂東京江東高齢者医療センター、順天堂練馬病院にて、さまざまな年代の患者様を診させていただき研鑽を積んでまいりました。また現在も順天堂練馬病院の非常勤として勤務を続けております。

以前より金曜日の午後に小児眼科の患者様はじめ多くの方の診察に携わらせて頂いておりますが、本年度より完全2診体制として父と共に診察をさせて頂くことになりました。

親しみやすい診察を心がけてまいりますので、何か眼の不調や心配なことがございましたら是非一度ご相談にいらしていただけると幸いです。

これから眼科医療を通して皆様に貢献できるように精進してまいりたいと思います。

今後とも皆様方より御指導を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

関連記事

  1. 白内障手術のタイミングっていつ?

  2. 2022年 春の花粉症について

  3. 眼科の検査って多い

  4. 眼圧検査機器

  5. いつまでも続く異物感の正体

  6. 超広角眼底カメラを導入しました

PAGE TOP